読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心魅 - cocoromi -

半角スペース時々全角

初恋の人からの手紙


http://letter.hanihoh.com/

初恋の人から梅蔵さんへお手紙が届きました。

梅蔵、元気にしてる?
今でもお気に入りのグラビアアイドルに丸をつけていますか?
雑誌に丸をつけるのが趣味だった梅蔵をなつかしく思います。




他の男子と話しただけで梅蔵が「裏切りだ」と言いお別れすることになったあの日から、
もう10年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。




お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。
ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。
ふふ。驚いたかな?




あのころのことを思い返すと、幼稚な言い合いばかりが頭に浮かびます。
梅蔵はよく私に「友達とおれならどっちが大事?」とか聞いてきましたよね。
私はそのたびに、もちろん
気持ち的にはだいぶ引いたし冷めた
けど、「それは比べられないよ」と答えていました。何が不満なのか、梅蔵はそこで「友達を全部捨てられるぐらいでなきゃ好きとは言えない!」と言っていたのが印象的です。




あれでも別れなかった自分が今でも不思議に思います(笑)。




私はともかく、梅蔵にとっては初恋でしたよね?最初のころの梅蔵は「手つないでいい?」「キスしていい?」「髪の毛さわっていい?
とかいちいち聞くので、少し気持ち悪かったイメージがあります。
それで「おれ優しいだろ」とも言っていましたけどね。


勘違いとは恐ろしいものです。




付き合ったばかりのころ、梅蔵は「おまえさえいれば、もう一生何もいらない」って言ってくれましたよね。
私は他に大切なものがたくさんあった
けど、あまりに真剣だった梅蔵を見て、少し嬉しかったのを覚えています。ただ、少し怖かったです。




恋愛を総合的に考えれば、私は梅蔵と付き合えたことを、とても感謝しています。つらいことをつらいと思わなくなったのも、イライラをうまく忘れられるようになったのも、梅蔵のおかげです。




いろいろ書きましたが、私はそんな梅蔵のことが好きでした。
これからは、もう当時のように少女を追いかけるのはやめて(笑)、
それなりの年齢の女性を真っ当に幸せにしてあげてください。




またいつか会いましょう。では。











P.S.













梅蔵が私に贈ってくれた歌、
再生する勇気がなくて、そのままにしてあります。